株など、投資をやっているとポートフォリオという言葉を時々目にしますが、これはもともと書類を入れる「入れ物」という意味でした。

そこには株式や債券などの有価証券を入れて保管していたために、投資の世界では有価証券全体のことを指してポートフォリオと言うようになりました。

今の時代、預金をしていても、ゼロ金利で利息もなかなかつかなくなったので資産を株式、外貨預金、債券、投資信託などに分散して保有していくことがポートフォリオを組み立てるということです。

分散して投資していくことで預金の金利が下がって利益がなくなっても株の値上がりで資産の損失を補うことが出来ます。

スポンサーリンク

 
株式投資だけに限ってポートフォリオの考え方を取り入れ、1つの銘柄に集中して投資してしまうと、その銘柄が上昇すると大きな利益になりますが、反対に下落してしまうと今度は大きな損失になってしまいます。

これを避けるためにいろいろな銘柄に分散して投資していくことが、ある銘柄の株価が下がっても別の銘柄の株価が上がれば損失が補えます。

また株に分散投資をする時も、関連性のある銘柄ばかりに投資してしまうと全体が下落してしまうということもあるので、出来るだけ関連性の薄い銘柄に投資していくことが重要となります。

スポンサーリンク