株の取引をしたいけれど「資金があまりない」と言う人向きの投資方法に、るいとうという投資方法があります。

るいとうという言葉は「株式累積投資」から来ています。

証券会社によっては「株式積立」とも呼ばれています。

自分で選んだ銘柄の株を毎月一定額ずつ、月々一万円から買い付けていくシステムです。

スポンサーリンク

 
株価が高いときには買い付け株数が少なくなり、株価が安いときは買い付け株数が多くなります。

毎月、株を買い足していくシステムなので株価の上下にはあまり影響されません。

買い付けは毎月決まった日に行われるので、自分でタイミングを考える必要がありません。

「ドルコスト平均法」によりじっくり資産形成できますので、ミニ株でも高いと思う人でも、るいとうならばより買いたい銘柄に近くなれると言えます。

銘柄は証券会社に上場しているほとんどの銘柄が選択可能で、店頭株が選択できる証券会社もあります。

買い付けた株が単位株に達すると、株主となることが出来て株主優待も受けられます。
ちなみに売却はいつでも行うことが出来ます。

しかし、るいとうは扱っている証券会社が少なく、オンライン申し込みも出来ないところが多く店頭のみ受け付け、長期でじっくり上がる銘柄を選ばなければならず、銘柄選びが難しいというデメリットがあります。

スポンサーリンク