株の取引がこれほど普及した理由は、オンライン証券の普及によるものが大きいのではないでしょうか。

オンライン証券の魅力は、手数料の安さ、取引のしやすさ、情報の多さなどでしょう。

スポンサーリンク

 
株の売買に伴う手数料は、かつてはどの証券会社でも一律に定められていましたが、今は1999年の「株式委託手数料の自由化」とインターネット取引の登場で、大幅に安くなりました。

以前は約定代金100万円の場合の手数料は、約定代金の1.150パーセントの11500円でしたが、今では1000円を切る証券会社もあるということです。

また、ほとんどのオンライン証券では、株の注文をするときに、インターネットで株の売買の注文をしたほうが電話で注文をしたり、窓口に行くよりも手数料が安くなっています。

そして株の注文を出す時間帯にしても、インターネット証券では夜間に注文を出せるようにしているところが多いです。

またスマホに対応しているところも多く、仕事の合間にチャートを見たり、株の注文をしたりということも可能になっています。

さて、オンライン証券会社で人気があるところはいろいろありますが「使いやすさ」ということでどこが多く選ばれているのかと言いますと、まずは「SBI証券」、その次に「マネックス証券」、「楽天証券」となっています。
*あくまで個人の感想です。

スポンサーリンク