ミニ株は、小資金の人でも高い銘柄を購入できるシステムです。

ミニ株は通常の十分の一の株数から買うことが出来ますので、小資金でも多くの銘柄に分散投資することも出来ます。

例えば株価が1000円で1000株単位の株だと、資金は100万円必要になりますが、ミニ株だと十分の一の資金で買えるので、10万円で投資できるということです。

スポンサーリンク

 
デメリットは、・指値注文が出来ないすべての証券会社が扱っているわけではない、・ミニ株対象外の銘柄がある、・株主優待が受けられない、などの点があります。

しかし株初心者には小資金で、リスクを分散した投資が出来て株式取引のノウハウも身につけられる、というとても良い低リスクの株式投資だと言えるでしょう。

古い情報の例えになりますが、マネックス証券が取り扱っているミニ株の銘柄は約600銘柄あります。
銘柄によっては一万円という低価格の物もあります。

一例をあげると、全日空空輸の場合、通常株だと最低48万円の資金が必要ですが、ミニ株だと4万8千円で購入することが出来ます。

買いたくても、とても手が届かなかった銘柄にも手が届き、たくさんの株を買うことも可能で分散投資が出来、配当金ももらえます。

株を始めようかどうかを迷っている人にとってはミニ株はお勧めの投資方法だと思います。

スポンサーリンク