株式市場で取引が行われる時間は、通常は午前9時から午後3時までです。

サラリーマンなど昼間に仕事をしている人は、取引を行いたくてもなかなか思うようにいかない時間帯だと思います。

それでも、なんとか夜間にも株の取引が出来ないかと考えられたのが夜間取引です。

スポンサーリンク

 
まだ夜間取引を行っている証券会社は少ないのですが、その一つであるマネックス証券の例を見てみましょう。

取引時間帯は17時30分から23時59分までで、サラリーマンの方が帰宅した後に取引することも可能な時間となっています。

手数料は株数に関わらず、一律500円、株の銘柄も3000以上の銘柄が取引できるようになっています。

株の価格は、その日の取引所終値で取引となります。
またカブドットコム証券の夜間取引市場は、国内初のオークション形式の夜間取引ができるということで手数料もかなり割安です。

取り扱い銘柄は、国内上場株式のうち流動性の高い約2000の銘柄だということです。

夜間取引の取り扱い銘柄のうちから、取引所終値より優位な気配が出ている銘柄を抽出できるという便利な機能もあるということですので、迷わずに銘柄選びもできそうです。

夜間取引を行う証券会社は、これからも続々と登場していくと思われます。

スポンサーリンク