株に投資する方法は、株式の現物の売買が一番手っ取り早いのですが、投資信託という方法もあります。

投資信託というのは個人で投資していくのではなく、たくさんの人からお金を集めてファンドを作り、そのファンドで数多くの株式や債券に投資する方法です。

一つの株式や債券だけに投資するよりも、リスクを少なくすることが出来ます。

スポンサーリンク

 
また、投資するのはプロのファンドマネージャーで、どの株式や債券に投資したら期待する収益が上げられるかということを考えて行っているので、そこのところも個人でするよりもリスクが軽減されるところだと思います。

小資金でも大資金の投資と同様に、たくさんの投資対象に分散投資が出来て、投資の専門家のサービスを受けられるという仕組みの投資信託。
個人の投資傾向によって、様々な商品があります。

株式投資を中心とした投資信託には、主に国内の株式に投資する国内株式型、また主に外国株式に投資する国際株式型、株価指数インデックスなどに連動する運用成果を目指すインデックス型、国内の特定の業種の株式に投資する業種別インデックス型などがあります。

投資信託の商品は証券会社のほか、銀行、保険会社などの金融機関で扱っています。

スポンサーリンク