株の取引をしようと考えているのなら、まずは証券会社に口座を開かなければいけません。

最近の株はネット取引がメインになっていますので、営業マンを通さなくても簡単に口座が開けるようになりました。

スポンサーリンク

 
いろいろ調べた上、どの証券会社にするかを決めたら、その証券会社のサイトで申込書を送ってもらいます。

申込書が来たら、必要事項を記入して、本人確認の書類の写しを添えて送り返せば、口座番号やパスワードなどを送ってきてくれます。

これで株の口座が出来ました。簡単ですね。

口座を開いたからと言って、営業マンが押しかけてきたり、あれこれと商品を勧められたりということはなく、自分のペースで取引を始めることができます。ネットのほうが手数料も安くなっています。

口座を開くだけなら、ほとんどのところは無料で出来ると思います。

あとは口座を開いたならば、入金しないと実際に株の取引は出来ません。
資金はあくまでも余裕資金で買いたい株の銘柄によって決めるといいと思います。

株の口座は、一つだけよりも2、3口作っておいたほうが良いようです。

証券会社は、会社によって長所や得意とすることが違いますので、その良い所を取ってそれぞれ利用できるように作るといいかもしれません。

スポンサーリンク