株を初めて注文するときは、とてもわかりにくいことが多くて躊躇してしまうことがあります。

なれてくればどうということはないのですが、注文に際して知ってなくてはいけない用語もいくつかあります。

インターネットで注文する時を例にとってみます。

スポンサーリンク

 
まずは買いたい株の銘柄を選びます。
銘柄は名前と銘柄コードを間違えないようにしましょう。

それから株式を買う「現物買い」なのか、持っている株を売る「現物売り」なのかを選びます。

あとは購入する株の単位を入力します。

銘柄によって購入する株の単位が、10株とか100株というふうに決まっていますので注意しなければいけません。

10株となっている銘柄は8株というような半端な数で注文は出せません。

それから指値で買うのか、成行で買うのかを選びます。

指値というのは、いくらになったら買う、と値段を指定することです。

成行は、とにかくすぐに買いたいということです。

それが終わったら「期間」というところを入力するのですが、これはいつまでに注文を有効にするのか、ということです。

本日限りなら当日中を選択し、期間を指定したい場合は有効期間を指定して入力します。

これで注文発注のボタンを押して確認して間違いなければ、株の注文成立です。
*実際には少々違いがありますので、あくまで例として認識してください。

スポンサーリンク