株券の電子化というのは、株券で株主権を管理するのではなく、証券会社の振替口座などで電子的に管理されることです。

上場会社の株券は、2009年6月までに一斉にペーパーレス化されることになっていました。

株券電子化のメリットとしては、盗難されることがなくなる、ということ、名義書き換えを忘れることがなくなり、配当や株主優待の権利取得時も安心なこと、会社名の変更などのときに、株券を交換するというわずらわしさがない、ということがあげられます。

スポンサーリンク

 
ペーパーレス化になると、現在の株券は自体は効力を失ってしまいますが、株主としての権利は特に手続きはしなくても確保されます。

しかし保管方法によっては株主としての権利を失ってしまうこともあるので、電子化の前に注意しなければいけません。

「タンス株」を持っている人は、自分名義の物であれば権利は確保されますが、他人名義のタンス株を持っている人はそのままだと株主の権利を失ってしまうので、電子化の前に証券会社などに預ける必要があります。

テレビCMなどでも放送されたり、各証券会社のサイトなどにも電子化の件についてはいろいろと説明があるので手元に株券がある人は、今一度、確認して株主の権利を失うことのないようにしたいものですね。

スポンサーリンク