NYダウとは、アメリカの株の動きを示す代表的な株価指数のことです。

日本の株価にも大きく影響することが多く、株価のニュースなどでは日経平均とともに必ず株価が伝えられます。

アメリカのニュース通信社ダウ・ジョーンズ社が1896年に12銘柄による平均株価として始め、現在は1928年から始まった30銘柄から計算した平均株価になっています。

スポンサーリンク

 
NYダウに採用されている30の銘柄は、世界的にも有名な優良企業ばかりなので、世界を代表する株価であるということが出来ます。

ダウ平均株価、ダウ工業株30種平均、ニューヨーク株価平均、などとも呼ばれます。

30種の銘柄は時代に合わせて入れ替えが行われています。

工業株30種と銘打っていますが、工業株以外の物も30種の中には含まれています。

日本でもお馴染みのマクドナルド社、マイクロソフト社、P&G、アメリカン・エキスプレス、ジョンソン・エンド・ジョンソンなども含まれています。

算出が始まって以来、現在まで継続して構成銘柄に残っているのはゼネラル・エレクトリック社のみとなっています。

株価の算出方法は、原則的には各銘柄の株価を足して、銘柄数で割った単純計算となっています。

スポンサーリンク