ROEというのは「Return on Equity」のことで、日本語では株主資本利益率と言っています。

株主が出資したお金を、どれだけ上手に使って利益を生み出しているかを表すデータです。

株主が出資した額から見て、利益が大きければ株主としてもたくさんの配当が期待でき、株価も上がりやすくなります。

スポンサーリンク

 
算出方法は、その年の利益を株主資本で割って100をかけた数字がROEです。

ROEというのは、株主から集めた資金をいかに効率よく運用してどれだけ利益を出したのかというデータです。

つまり一年間の企業活動によって、資産を元手にどれだけの利益を得たかがわかるということです。

ROEが高い会社ほど効率の良い経営をしているということになります。
だからROEの高い会社は株価も上昇傾向にあります。

このROEは出資額に対する収益の大きさを表しているのでも株主にとっても大きな指標であると同時に、利益率を常に最大にしたい経営陣にとっても気になる数字となるようです。

株を購入するときにはROEの高い会社を一つの目安とすることはできますが、これだけを判断材料としないで、いろいろな側面を見ることが必要です。

スポンサーリンク